噛み合わせと顎のズレ


しっかりとくいしばって噛んだ時に顎を少しずらして噛んだほうがしっかりと噛めるという方は、おそらくかみ合わせが原因で顎がずれてきてしまっています。

 

ほんの少しのズレですので、言われないと気にならないという方が多いのですが、このわずかな噛み合わせのずれが原因で、歯や歯の根っこが欠けてしまったり、歯周病が重度に進行してしまったり、差し歯や詰め物が外れてしまう事があります。

 

また、顎関節症などの痛みを伴う症状が顎に出てきてしまう場合もあります。

 



噛み合わせと全身への影響について

 

 

噛み合わせの状態が悪いと肩こりや頭痛の原因になってしまうことが知られています。また、噛み合わせが悪く、顎がずれてしまっていることで、背骨の歪みなどが起こるなど、全身の状態にも影響することが知られています。


悪い噛み合わせはどうして悪いの?

噛み合わせが悪いとどうなるかご存知ですか?

 

噛み合わせは咬合とも言いますが全身への影響があることがわかってきています。

 

すごく単純に言いますと、噛み合わせとは、上下の歯の接触の仕方を言いますが、健康な方が歯を噛み合わせた場合、通常複数の箇所で歯が接触します。複数の箇所が同時に接触することで、顎の位置が安定します。

 

噛み合わせの悪い方の多くは、軽く噛んだ時にどこか1箇所が先にあたり、顎をずらして噛むと複数の箇所で歯が接触します。そのため、顎の位置がずれてしまいます。

 

顎の位置をずらして噛んでいると、首を傾けて頭の重さのバランスを取るために、頭と反対側に肩がズレ、肩のズレを補正するために腰がずれるということになります。前後的にも左右的にも肩、腰がずれることになります。こういったズレが肩こりや腰痛の原因となります。

 

ただ、噛み合わせが正しくなくても、すぐに症状として現れるわけではないため、噛み合わせが正しくないことに気付いていない人が多いです。

 

また、日頃悩まされている頭痛や肩こりなどの不定愁訴の原因が、噛み合わせにあるということに、気付いていない人も多いのです。 噛み合わせは、顎周辺や口の中だけでなく、全身に悪影響を及ぼします。

 

口の中の健康だけでなく、全身の健康のために、噛み合わせを正しくすることが大切です。


あなたのこんな症状も噛み合わせが原因?

 あなたは、腰痛、頭痛、肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなどがでてきたというはございませンか?

 

こういった症状が、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。

 

まずは、顎をずらして噛む癖や片側だけで噛む癖がないか確認してください。長年、片よった噛み方を続けていると、常に、噛む歯がすり減り、前後・左右で歯の高さに差が生じて頭の位置が傾くことがあります。この頭の位置が歪むことが噛み合わせの問題の始まりになります。

 

頭が傾くことによって、頭の重さが非常に重いため、体のバランスを取るために、首や肩の筋肉に力が自然に入ってしまいます。この状態が長く続けば、筋肉が疲労して硬くなり、背中や腰、ひざなどの関節もゆがみ、場合によっては圧迫等が起こり骨や神経の状態も変化したり、血液リンパの循環に影響が出るなど、全身の不調を招くことがあります。  

 

整形外科などで治療を続けても、いっこうに改善しない全身症状は、もしかしたら咬合関連症かもしれません。



噛み合わせというけど、日中に歯を噛んでいることはないのに、噛んだ時の状態が影響するのはなぜですか?

噛み合わせが悪いと全身状態が悪くなってしまうということですが、日中に歯を噛み締めていることはほとんどないのに、なぜ噛んだ時の状態だけ問題になるのでしょうか?

 

 


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120-25-1839

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

メモ: * は入力必須項目です



顎のズレは関節のズレ?

顎の関節の位置がずれる事があります。

顎の関節がずれると顎関節症と言ってますが、顎の関節がずれると左右差が出ますので、左右にも顎のがずれてきますし、前後にずれる場合もあります。

 

顎関節の位置がずれると、単に見た目の問題でなはく、噛み合わせが変わってしまいますので、歯科治療を行う上では噛み合わせを安定させるのが困難になります。

 

顎関節のズレがある場合は、ズレを治してから歯科治療を行う事が理想となります。

 

顎関節のズレと歯科治療に関しましては、下記のリンクページをご覧ください。

 

顎関節のズレと歯科治療のページ

顎のズレは矯正治療で治る?

顎がずれている場合、矯正治療である程度回復できます。

顎がずれている場合、外科治療が必要と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、外科で骨を切ったりしなくても改善されます。

 

大きく顎がずれている場合などは骨の長さを切って調整することも行われていますが、多くの方はそこまではしたくないのではないでしょうか?

 

多少の顎のズレでしたら、矯正治療で顎の位置を戻すと言ったことも行われています。左右の噛み合わせの高さを揃えることで、顎の位置も改善されていきます。

 

また、顎関節症のように関節部分の顎のズレの場合は、外科治療ではなく、矯正治療の方が顎の位置を調整できて有利となります。

 

顎のズレと歯科治療のページ

 

 

 

 

 

 

顎のズレは珍しいことではありません

あなたの顎もずれてしまっているかもしれません。

顎のズレっていっても自分の問題ではない!と思われている方も多いと思います。

 

顎がずれているという自覚症状がある方の方が少ないようです。

 

ただ、平成28年の厚生労働省歯科疾患実態調査によると口を大きく開け閉めした時に顎の音があると自覚している方は約15%いることが報告されております。

 

顎が鳴る方は顎の関節軟骨がずれているため、1ミリ程度の顎の関節のずれが起こっているものと考えられます。

 

顎の関節がズレるともちろん顎がずれてきます。下の顎は左右でつながっているため、例えば左の顎が左横にずれると右の顎も左にずれます。

 

オープンバイトや咬合性外傷と診断される方の中には、顎のズレがおこっている場合があります。顎がずれている場合は、オープンバイトや咬合性外傷の治療の診断時にどれくらい顎がずれているかを精密に検査をする必要があります。

 

顎のズレと歯科治療についてのページはこちら

 

 

顎のズレとかみ合わせのズレについて

顎がズレは問題?

あごのズレとかみ合わせの問題

 

顎のズレは問題?

 

 あごのズレは見た目でわかる場合とわからない場合があります。あきらかなズレはわかりますが、細かいところはわからない場合が多いです。患者さん自身がずれていると指摘する場合もあります。またそれらのズレは、全身のさまざまな症状と関連している可能性もあるとされており、近年重要性が認識されています。

 

顎がずれるとかみ合わせがズレる?

 

 しかし、あごがズレているからといって、かみ合わせがズレているとも限りません。

 

顎がずれてかみ合わせがズレてしまった場合とは

 

あごのズレとかみ合わせのズレが関連しているのかどうかを見極めるのは、非常に難しい問題です。見た目ではわからないこと多いからです。

 

顎のズレとかみ合わせのズレの検査

 

 当院では、あごのズレ、かみ合わせのズレを総合的に診査・診断するシステムを採用しております。もし気になる方はご相談ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120-25-1839

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)