顎のズレの検査

歯の悪い方は顎がずれて咬み合わせが悪いとまた歯が悪くなりそうな予感がするかもしれませんが、通常の方は顎がずれても自覚症状がないことも多いです。

 

歯科治療をする際に、顎の緊張や運動の制限がある場合は、顎のズレが疑われますので、かみ合わせに影響する歯科治療を行う際には顎のズレを確認してから治療を行うことが本当は必要です。

 

顎がずれたままの位置でかみ合わせを調整すると、顎の位置を戻した時に歯咬まなくなってしまいます。

 

そのため、顎のズレを治すのであれば、精密にどれくらい顎がずれてしまっているかを確認する必要があります。

 

 顎のズレの検査のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせの治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

お口の状況などを確認させていただいたうえで、必要な検査のご説明、疑われる状態のご説明などをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)