あなたの顎はズレてきていませんか?

 あなたが顎のズレを気にされている場合、子供の頃に顎がずれていなかったかご確認されましたか?

子供の頃から噛み合わせが悪くて顎の成長発育の段階で顎がずれてしまったと言うこともあるかとは思います。歯の生え替わりなどで顎の位置がずれていってしまったと言うこともあると思います。

しかし、子供の頃はそれほど顎がずれていなかったのに、大きくいなってから顎がずれてしまったと感じている場合の多くは噛み合わせのズレが影響しております。

歯がすり減った、沢山の歯を治したなどでずらして噛んだ方が噛みやすいなど顎をずらす噛み合わせで安定してしまっている可能性があります。

多くの場合、自覚症状がなく、顎関節症という診断が出ない事が多いのですが、実際は顎が鳴る・顎がずれているといったことは良く起こることです。

歯科治療をする際や、矯正治療をする際は、顎自体のズレを確認する必要があるのは、治療後の噛み合わせを安定させるためとなります。

そのため、まずは治療前に顎のズレの検査をする事がお勧めではありますし、ご自身のためとなります。

顎のズレの検査のページ

 


無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせの治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

お口の状況などを確認させていただいたうえで、必要な検査のご説明、疑われる状態のご説明などをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)