顎がずれるのと顔がゆがんでいるのは別のことです。

顎がずれるのと顔が歪んでいるとは、少し意味合いがちがいます。

 

顎がずれるというと、顎の関節の位置がずれているということを言っています。

 

例えば顎を右にうごかしてずらした位置で噛んで鏡を見てみてください。顎がずれていると思います。これは、骨格が変わったわけではなく、顎の関節の位置が移動してずれたということです。

 

顎のズレは、通常歯をかみ合わせたときに、顎の関節の位置がずれてしまっている場合のことを言います。

 

その為、顎の位置を元に戻した位置で噛めるようにすると顎のズレは直ります。

 

ここで注意していただきたいのは、顎の位置のズレが治っても、骨格が左右非対称に成長してしまっている場合は、顔が歪んで見えてしまいます。ただ、多くの場合は、顎のズレを直すことで、ある程度顔の歪みも回復します。

 

理解しにくいことのようですが、顎のズレは顎の関節にある骨の位置がずれていることで、顔の歪みは骨格や表面の筋肉のズレというと分かりやすいのかもしれません。

 

顎のズレに関しましては、顎の関節の運動の検査でどれくらいのズレがあるのか精密に解る事ができます。

 

詳しくは顎のズレの検査のページをご覧ください。

顎のズレの検査のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6Fスターバックス上

JR神田駅北口から徒歩1分です

03-3251-3921

0120-25-1839