顎のズレは珍しいことではありません

あなたの顎もずれてしまっているかもしれません。

顎のズレっていっても自分の問題ではない!と思われている方も多いと思います。

 

顎がずれているという自覚症状がある方の方が少ないようです。

 

ただ、平成28年の厚生労働省歯科疾患実態調査によると口を大きく開け閉めした時に顎の音があると自覚している方は約15%いることが報告されております。

 

顎が鳴る方は顎の関節軟骨がずれているため、1ミリ程度の顎の関節のずれが起こっているものと考えられます。

 

顎の関節がズレるともちろん顎がずれてきます。下の顎は左右でつながっているため、例えば左の顎が左横にずれると右の顎も左にずれます。

 

オープンバイトや咬合性外傷と診断される方の中には、顎のズレがおこっている場合があります。顎がずれている場合は、オープンバイトや咬合性外傷の治療の診断時にどれくらい顎がずれているかを精密に検査をする必要があります。

 

顎のズレと歯科治療についてのページはこちら

 

 


無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921