噛み合わせの専門ページ

噛み合わせの専門ページへようこそ。

 

噛み合わせの状態が悪いと肩こりや頭痛の原因になってしまうことが知られています。また、噛み合わせが悪く、顎がずれてしまっていることで、背骨の歪みなどが起こるなど、全身の状態にも影響することが知られています。


噛み合わせと全身への影響について


噛み合わせが悪いとどうなるかご存知ですか?

 

噛み合わせは咬合とも言いますが全身への影響があることがわかってきています。

 

すごく単純に言いますと、噛み合わせとは、上下の歯の接触の仕方を言いますが、健康な方が歯を噛み合わせた場合、通常複数の箇所で歯が接触します。複数の箇所が同時に接触することで、顎の位置が安定します。

 

噛み合わせの悪い方の多くは、軽く噛んだ時にどこか1箇所が先にあたり、顎をずらして噛むと複数の箇所で歯が接触します。そのため、顎の位置がずれてしまいます。

 

顎の位置をずらして噛んでいると、首を傾けて頭の重さのバランスを取るために、頭と反対側に肩がズレ、肩のズレを補正するために腰がずれるということになります。前後的にも左右的にも肩、腰がずれることになります。こういったズレが肩こりや腰痛の原因となります。

 

ただ、噛み合わせが正しくなくても、すぐに症状として現れるわけではないため、噛み合わせが正しくないことに気付いていない人が多いです。

 

また、日頃悩まされている頭痛や肩こりなどの不定愁訴の原因が、噛み合わせにあるということに、気付いていない人も多いのです。 噛み合わせは、顎周辺や口の中だけでなく、全身に悪影響を及ぼします。

 

口の中の健康だけでなく、全身の健康のために、噛み合わせを正しくすることが大切です。


あなたのこんな症状も噛み合わせが原因?

 あなたは、腰痛、頭痛、肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなどがでてきたというはございませンか?

 

こういった症状が、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。

 

まずは、顎をずらして噛む癖や片側だけで噛む癖がないか確認してください。長年、片よった噛み方を続けていると、常に、噛む歯がすり減り、前後・左右で歯の高さに差が生じて頭の位置が傾くことがあります。この頭の位置が歪むことが噛み合わせの問題の始まりになります。

 

頭が傾くことによって、頭の重さが非常に重いため、体のバランスを取るために、首や肩の筋肉に力が自然に入ってしまいます。この状態が長く続けば、筋肉が疲労して硬くなり、背中や腰、ひざなどの関節もゆがみ、場合によっては圧迫等が起こり骨や神経の状態も変化したり、血液リンパの循環に影響が出るなど、全身の不調を招くことがあります。  

 

整形外科などで治療を続けても、いっこうに改善しない全身症状は、もしかしたら咬合関連症かもしれません。



噛み合わせというけど、日中に歯を噛んでいることはないのに、噛んだ時の状態が影響するのはなぜですか?

噛み合わせが悪いと全身状態が悪くなってしまうということですが、日中に歯を噛み締めていることはほとんどないのに、なぜ噛んだ時の状態だけ問題になるのでしょうか?

 

 

歯ぎしりをすると噛み合わせに影響はありますか?



銀座の診療所でメンテナンスの方と記念写真

掲載許可を頂いた方のみ出しています。

杉並区歯科ブログ あなたは虫歯を放置する派?それともすぐ治さないと心配する派?

歯医者の私からいうと虫歯の放置はしない方が良いです。

 

小さな虫歯でも歯の内部にものが詰まったりしたままになりますので、虫歯がかなり拡大してしまう事が多いためです。虫歯で歯のほとんどが溶けてしまうと歯を抜かなくてはいけなくなります。

 

虫歯を放置する派の人は世間的には以外に多数派だったりします。虫歯の1本2本放置している人はざらにいるかもしれません。歯医者に行く気持ちにならない、忙しいなどの理由があると思います。

 

ご自身でしっかりと判断される事が重要です。

0 コメント

無料カウンセリングについて

当院では歯科治療をするかどうするか迷われている方に無料カウンセリングを行っています。

 

歯科治療の何が本当の情報か混乱してしまっていることもありますので,無料カウンセリングでしっかりと現状のご説明、治療方法の選択肢、治療法の選択する上でのポイントのご説明をいたします。

 

その上でどうするか考えられると良いと思います。治療をしたいという場合はお電話でご予約をしてください。

 

お問い合わせ

0 コメント

杉並区の歯科Blog 歯科治療に緊張される方へ

歯科治療はどうしても痛いというイメージがありますし、何をされるかわからないという不安もあるかと思います。

 

ご自身が緊張してしまう理由をしっかりと考えて、そのことを歯科医師やスタッフの方に伝えることは大切です。

 

無理に我慢はしないようにしてください。

緊張が行き過ぎてしまった場合、体に変調が出てしまうことがありあます。リラックスできるよう呼吸を整えたり、体をほぐしてください。緊張が強い場合はそのことを伝えましょう。

緊張しすぎて、治療中ショック症状が出てしまってもあらかじめその旨を伝えておけば、対処も早くしてもらえます。

 

考えられるショック症状は、血管迷走神経反射・過換気症候群・異常高血圧などがあります。

 

それぞれ治療時の緊張・不安・痛みの刺激などが原因となります。

 

痛くない麻酔

 

0 コメント

杉並 歯科ブログ セラミックの種類

審美歯科 スペシャルオールセラミック

 
スペシャルオールセラミック

歯の揺れのために4本のオールセラミックをつなげています。

なるべくつながっているように見えないようにしながら、色と形と噛み合わせを技工士さん立ち会いのもと調節しました。

また、本人の希望を直接セラミックを作る技工士さんが聞くことで、お好みの形にお作りできます。

審美的に満足いただけました。

このように、技工士さんが立ち会い、本人の好みに合わせて、調整したい場合は、スペシャルオールセラミックがおすすめです。

 
来院時のセラミック

歯の形が気に入らないのに、無理矢理上の前歯4本をセットされてしてしまったということで、当院に転院していらっしゃいました。4本すべて外して治療を希望されました。

これは、審美歯科では有名な医院での治療結果です。

4本とも歯がぐらぐら揺れていたことも、転院された動機になりました。

 

 

セラミックの種類

0 コメント

杉並区の歯科ブログ 精密歯科治療

精密審美歯科とは

マイクロスコープ

マイクロスコープで歯科治療

 
ルーペ

8倍に拡大して治療します。

 
 

精密審美歯科とはきれいな歯や歯並びを作るだけでなく、長持ちするセラミックを作ることを目的とした審美治療です。

セラミックが合っていないと、歯茎の腫れや虫歯の原因になります。

セラミックを精密に作るには、しっかりとした手順を踏む必要があります。

精密審美歯科センターでは、通常の歯科医院では行われていない特別な技術を使用することによって、セラミックの精度を高めています。

文章が長くなってしまうので、セラミックを長持ちさせるために最低限必要なことを説明いたします。

 

 

 
 
 

ステップ1 仮歯の確認

精密審美歯科 仮歯 サンプルの仮歯

一番重要なことですが、検査と診断の上で、治療内容の説明をさせていただきます。

ご希望や、ご予算、時間の都合をお聞きして、治療プランをお作りいたします。

また、最終的な歯の形も歯型の上につっくた仮歯を見ていただいて、納得の上で治療を始めさせていただきます。

歯は、一度削ると元に戻せないので、歯の復元した模型上で最終的なセラミックの形を患者さまと一緒に決めていきます。

歯の並びには、一定の基準がありますので、それを参考にアドバイスさせていただきます。

患者さまの確認ができた時点で、治療を始めさせていただきます。

ワックスの仮歯の確認もできます。

治療の本数が多い場合、仮歯を作成する前にワックスの歯をお作りして歯のデザインを見ていただいております。

 

咬合機という、お口の中の状態を再現させた装置にセットした模型に歯形をセットし、噛み合わせを確認しながら最終的なセラミックの歯の形をワックスでお作りします。

 

ワックスなので修正が簡単にできます。ご希望の形に修正いたします。ワックスの形がご希望の形に仕上がり次第仮歯の作成に入らせていただきます。

 

ステップ2 お口の写真

精密審美歯科 写真 歯の表面の色

歯の色に調和の取れたセラミックを作るには上手に写真を撮る必要があります。

歯の透明度・色彩・明度は人によって違うので、必ず写真を撮る必要があります。

象牙質の形態・歯の色のグラデーション・歯のキャラクター・白帯(ホワイトバンド)・切端の透明感・色・マイクロクラック(エナメル質のひび割れ)表面性状を歯科技工士さんは(セラミックを作る人)見ているそうです。

 

ステップ3 実際に仮歯を口に入れて見ていただきます。

仮歯の確認

写真を撮り終えたら歯を削っていきます。

オールセラミックの場合必要な厚みが決まっているので、まず歯に深さのガイド掘ります。

ガイドを参考に歯の面をスムーズな曲線となるように削っていきます。

後の仕上げ削りは歯の境界と、研磨するだけと考えて、この段階でしっかりとした形になるよう削ります

実際に仮歯を入れてお帰りいただき、いろいろな方に見せたりして確認して来てもらいます。

 

ステップ4 歯茎を糸で保護します。

審美歯科 圧排

歯の仕上げ削りは、歯ぐきに糸お入れて行います。

前歯のセラミックは、セラミックの境界が、歯ぐきの中にある必要があります。

セラミックの境界部分はご自身の歯と色が違うので、できる限り、境界部分を歯ぐきの中に入れます。そうすることで、歯ぐきの上に見えるセラミックは、黒ずんで見えなくなります。

ただ、糸を歯ぐきの中に入れずに、歯ぐきの中まで削った場合、歯ぐきが削れて下がってしまったり・深くまで削れて炎症を起こしてしまいます。

歯ぐきに絹糸を入れることによって歯ぐきを削ったり、深くまで削ることはなくなります。また、歯を削った時の削りかすが歯ぐきの中に入って、炎症や、金属の刺青ができるのを予防します。

 

 

ステップ5 拡大して歯を削ります。

マイクロスコープ 顕微鏡 マイクロスコープ

歯を削るときは顕微鏡を使用します。

精密審美歯科の一番重要なポイントです。

たとえば、時計を作る職人さんは拡大鏡を使っているというイメージが湧くと思います。なぜ拡大鏡を使用するかというと細かい作業をするには目で見えなくてはできないからです。

歯科治療においても同じで、もし細かいところまで正確に治療をするとすれば、細かいところが見えなくてはいけません。

歯を削るとき、歯とセラミックの境界となる部分をマージンと呼んでいますが、このマージンが、きれいな一本の曲線でつながっていないと、最終的なセラミックを作るとき、セラミックと歯の間に隙間のあいた不適合な状態となります。

この隙間が大きいと細菌が増殖し、歯周病となります。人工的な隙間なので、日々の歯ブラシでは、決して取り除けません。

精密審美歯科では、歯とセラミックの隙間をなくし、歯の健康を保ちます。

顕微鏡の拡大練習用の紙です。

10倍に拡大するといちばん細かいところまで、しっかりと見えます。

しっかりと削るには顕微鏡がやはり必要です。

 

ステップ6 シリコンで歯型を取ります。

審美歯科 シリコン印象

シリコンで型をとります。

シリコンとは、ゴムのようなもので、薄い部分を正確に型を取ることができます。

通常の保険治療で使用される型とり材は寒天を使用しているため、薄い部分はちぎれるか変形してしまいます。

審美歯科では、歯ぐきの中まで歯を削り、歯を削った境界(マージンと呼んでいます)より先の歯肉の中まで型を取る必要がありますので、歯形の重要な部分は非常に薄くなります。

したがって、前歯の歯型を取るときは、シリコンで型を取る必要があります。

セラミックの型取りをシリコンでやっていない場合、歯との適合が悪くなるため、虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。



 

ステップ7 シリコンでかみ合わせを確認します。

ワックスでかみ合わせを確認しても変形しやすくかみ合わせが安定しないため、シリコンでかみ合わせを確認します。

 

ステップ8 仮歯の形を調整します。

審美歯科 仮歯

仮歯のことをプロビジョナルクラウンといいます。約してプロビと言うこともあります。どういう意味かというと、最終的に作るセラミックの歯の形の参考にする歯ということです。

この段階でしっかりと形を決めておくとセラミックの仕上がりがスムーズにいくので、重要なステップです。

セラミックは作ってしまうと修正するのが大変なので、仮歯で、歯の長さ幅・かみ合わせ・歯ぐきの中のふくらみ・厚みなどの調整を行います。

また仮歯の段階で、はとの境界部分をしっかりと適合させていないと炎症を起こし、セラミックけるとき出血のため、しっかりとくっつかなくなります。

 

歯型を模型にして歯科技工所でセラミックをお作りします。

提携の技工所は東麻布にあるため、立ち会いやチェックにすぐ来てもらえます。

技工所でも、しっかりとマイクロスコープを使ってお作りしています。

麻布歯科技工

 

ステップ10 セラミックを接着します。

セラミックはレジン系の接着剤を使用します。

普通のセメントは、透明感がないため、セラミックの色が不透明になってしまいます。

接着力で、セラミックの強度が変わってきますので、非常に重要です。

 

 

ステップ11 セラミックのメンテナンスをします。

セラミックをセットした後は定期的なメンテナンスをしております。

 

セラミックは天然の歯より汚れが付きにくいものです。酸で溶けませんし、酵素で分解されないため、歯石や汚れが付きにくくなっています。

セラミックの部分は、歯ブラシも強い力で磨かず、そっと磨いていただいたほうがいいです。歯茎を傷めないように磨いていただくだけで十分です。

 

ただ、セラミックもお手入れが悪いと、歯石や汚れがつきますので、半年に一度は確認とクリーニングにお越しください。

 

セラミックのメンテナンス

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-1サンミビル6F

03-3251-3921

0120-25-1839

 

精密審美歯科

0 コメント

杉並区の歯科ブログ 歯の矯正キャンペーン

今回のキャンペーン   好評につき9月まで

審美矯正装置

審美矯正装置 ¥398,000−

モニター価格です。

 

急速矯正法を行いモニターとして、HP上に載せるアンケートにお答えいただける方に調整料・装置代・急速矯正代込みで、総額

¥398,000−(税込み)のみにて、矯正をさせていただきます。 通常の矯正歯科では100万円近くかかると思います。

 

モニターなので、コメントを書いていただくことが条件になります。ホームページにコメントを使用させていただきます。また、この治療は、院長の福嶋が処置を行います。

 

通常、急速矯正法では、6ヶ月で矯正治療が終わります。

なかなか矯正を始められなかった方もこの機会にいかがでしょうか。

 

顎変形症の方は、この適応の除外となります。

詳しくは、無料カウンセリングにお越しください。

 

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

0 コメント

歯を残す歯科治療 歯冠長延長術

歯冠長延長術

虫歯が深くても抜かずに残せる可能性があります。

歯冠長延長術という方法のご紹介

 

歯茎の中まで虫歯

 

 

 

 

 

 

虫歯が進行して歯茎の中まで虫歯になってしまっています。歯茎が、歯の中まで入りこんでしまっています。

 

このままでは、この歯を治すことができません。一般的には歯を抜く治療が選択されます。

 

今回は歯冠長延長術という方法で歯を残す方法を選択しました。

歯茎を切り取った状態

 

 

 

 

 

 

歯冠長延長術では、歯茎を切り取り、健全な歯を歯茎の外に出します。

 

外科的な処置なのですが、それほどお痛みはございません。

 

歯を抜く時と同じ量の抗生剤と痛み止めをお出しします。

 

小さな手術ですのでご心配せずに受けていただけます。30分ほどで終わります。


術後、数か月仮歯を入れて、歯茎の治りを待ちます。

歯茎が治った時点で、歯型をお取りして、最終的な歯をセットします。

0 コメント

セラミックのもちを良くするメンテナンス

セラミックのメンテナンス

興味のある項目の写真をクリックしてください。

日々のお手入れについて

セラミックの歯は天然の歯より汚れが付きにくいので頑張って磨かなくても大丈夫です。それよりも磨く力が強すぎたりして歯茎がさがってしまう方が心配です。

 

セラミックの歯を歯磨きする時はやわらかい毛の歯ブラシを使用してください。また、鉛筆を持つ感じでもっていただきそっと磨くことが大切です。

 

 

 

当院ではセラミック専用の歯ブラシも用意しております。

くれない塾の内藤先生お勧めの歯ブラシです。

指でつまむため、自然と力が入らないようになってます。

 

定期的な歯科医院でのメンテナンスについて

セラミック治療を受けられた方は、定期的に病院にお越しください。

 

歯ブラシが強すぎないか確認いたします。

また、クリーニングをすることで、歯の白さを保ちます。

0 コメント

杉並区ふくしま歯科ホームページの説明

左にある診療項目をクリックしていただきますと、それぞれの診療項目の内容が表示されます。

 

少しわかりにくいかもしれません

0 コメント

杉並区の歯科ブログ ホワイトニング

歯を白くしたいと思ったことはありませんか?

 

歯が黄色いというのは気になるとお考えの方が最近多いように思います。

 

さし歯でなく、ご自身の歯の場合、ホワイトニングが有効です。

 

ホワイトニング

0 コメント

杉並区の歯科ブログ 歯の矯正と歯周病

歯の矯正と言えば子どものするものとお考えの方が多いと思います。

 

もちろん子供のうちに矯正をしておいた方が、骨格の成長も期待できますので良いです。

ただ、昔は子供のうちに矯正をする習慣もありませんでしたし、装置がぎらぎらしていたり、費用も高かったということもあって、矯正をされなかった方も多いと思います。

 

大人になって見た目の歯並びに興味がない方は多いと思います。

見た目には興味がなくても、もしも歯周病のリスクが高まって、歯を将来抜くことになるとしたら、興味があるでしょうか?

 

「八重歯のおばあさんはいない」という言葉が歯医者の中では言われています。これは八重歯など歯並びが悪いと歯周病で歯を抜くことになってしまうことから生まれた格言です。

 

歯が重なり合ってしまっていると歯ブラシができないため、そこから歯周病が始まります。歯が重なっているので歯を支えている骨は非常に少ないか全くなく、歯周病の進行は非常に速いものとなります。

 

将来的な歯の健康のために歯の矯正治療をされてはいかがでしょうか?

 

歯の矯正と歯周病

0 コメント

杉並区の審美歯科治療

審美歯科といって、通常の保険の治療では、不自然になってしまう歯の色合いや、形をきれいにする治療があります。

たとえば、オールセラミックという金属を一切使用しない歯で治療すると、歯茎が黒くならず、透明感が天然の歯と同じ具合に見せることが可能です。

 

杉並区の審美歯科治療

0 コメント

杉並区の歯科ページ更新しました。

杉並区の歯科ページのページレイアウトを変えました。

落ち着いたページになるように変更していこうと思います。

0 コメント

杉並区の福嶋歯科ブログ

杉並区の福嶋歯科ブログ始めました。

0 コメント