杉並区の歯科ブログ 歯の矯正と歯周病

歯の矯正と言えば子どものするものとお考えの方が多いと思います。

 

もちろん子供のうちに矯正をしておいた方が、骨格の成長も期待できますので良いです。

ただ、昔は子供のうちに矯正をする習慣もありませんでしたし、装置がぎらぎらしていたり、費用も高かったということもあって、矯正をされなかった方も多いと思います。

 

大人になって見た目の歯並びに興味がない方は多いと思います。

見た目には興味がなくても、もしも歯周病のリスクが高まって、歯を将来抜くことになるとしたら、興味があるでしょうか?

 

「八重歯のおばあさんはいない」という言葉が歯医者の中では言われています。これは八重歯など歯並びが悪いと歯周病で歯を抜くことになってしまうことから生まれた格言です。

 

歯が重なり合ってしまっていると歯ブラシができないため、そこから歯周病が始まります。歯が重なっているので歯を支えている骨は非常に少ないか全くなく、歯周病の進行は非常に速いものとなります。

 

将来的な歯の健康のために歯の矯正治療をされてはいかがでしょうか?

 

歯の矯正と歯周病